Photo by gettyimages
# 新型コロナウイルス

CAが「アンテナショップ」に派遣…社内から「非難轟々」の日本航空

しかも手当もなにもない…

苦肉の策

「便数激減で、大半のCA(客室乗務員)は乗務手当がほぼゼロの状態。そこにきて、慣れない仕事に配置換えして手当も支払わないなんて……」

不満の声を上げるのは、JALの現役CAだ。

JALは11月から、新事業「ふるさと応援隊」を始めると発表した。

長引くコロナ禍で、同社の国際線は約88%の減便となっている。そのせいで余剰人員となったCAに、乗務以外の仕事を割り当てる苦肉の策だ。

Image by iStock
 

具体的には何をするのか。JAL幹部が言う。

「全社で約6000人のCAのうち約1000人に、月に数日は客室乗務をしてもらいながら、残りの日は全国の観光地のイベントの手伝い、特産品PRなどに携わってもらう予定です」

この唐突な配置転換策にJAL社内でブーイングが広がっている。理由のひとつは、業務内容がはっきりしないことだ。同社中堅社員が話す。