〔PHOTO〕iStock

中古マンションが「主役」の時代が2~3年以内に確実にやってくる…!

もう中古抜きでマンション選びはできない

年間発売・成約戸数で中古が大きくリード!

民間の調査会社、不動産経済研究所の発表によると、東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県で、今年9月までの半年間に発売された新築マンションの戸数は8851戸で、去年の同じ時期に比べて26.2%減という結果となった。これは、バブル崩壊後の平成4年を下回る過去最低の水準である。

こうした新築マンションの供給の減少で、新築と中古の販売戸数の関係が、より一層大きくなるとみられている。

意外かもしれないが、首都圏のマンション市場では、2016年に中古が新築を逆転している。

図表1にあるように、2010年代の半ばまでは、新築が中古を大きくリードしていた。特に13年をみると、新築の年間発売戸数が5万6478戸に対して、中古は3万6432戸と中古は新築の6割強の水準にとどまっていたのだ。

図表1 首都圏新築マンション発売戸数と中古マンション成約件数の推移(単位:件)
(資料:新築は不動産経済研究所『全国マンション市場動向』、中古は東日本不動産流通機構『首都圏不動産流通市場の動向』)
 

それが新築マンションの急激な減少によって両者の差は急速に縮小、16年にはついに逆転することになった。ただし、逆転といってもその差はわずかなもので、その状態が18年まで続いた。

その後、19年には新築のさらなる失速もあって、両者の差はいっきに拡大した。中古が3万8109戸に対して、新築は3万1238戸で、中古のほうが7000戸近く多くなっている。

20年に入ってもその関係には大きな変化はない。コロナ禍で20年前半は新築、中古ともに落ち込んだものの、その後は回復し、19年以上に差が開きつつある。