34歳の医師の妻が「不倫に狂った夫」から8000万円をゲットした凄テク

泣いている場合じゃない
後藤 千絵 プロフィール

「そうですね、夫はこちらの言い値の額を調達してくるでしょう。たとえ、親に泣きついてでも」

お子さんの今後の人生のため、また、ご自身のためにも金銭面はとても重要な問題です。ましてや理香子さんは専業主婦です。浮気されて泣いている場合ではありません。

結果的に、理香子さんは夫から慰謝料込みの解決金として、査定額8000万の自宅マンションを譲り受けることになりました。

Image by iStock

養育費は長男の耀くんが大学を卒業するまで月に30万円。しかも入学金などの教育費はすべて夫負担。医学部に進学したときは、別途相談という条項もつけてもらいました。もちろん、養育費は公正証書にしましたので、支払われない場合は強制執行が可能です。

現在の理香子さん

「これまで生活を冷静に振り返ると、私は夫からの猛烈なアプローチによって結婚したということにあぐらをかいてしまって、思いやる気持ちを忘れていたように思います。疲れて帰宅する夫に、『白菜と卵買ってきて~』と気軽にメールで買い物を頼んだこともよくありましたから。

離婚の手続きがすべて終わり、夫が最後に私にこう言いました。

『かなえからの誘いはずっと断っていたんだ。だけど、僕のミスで患者をあやうく死なせかけたことがあってすごく落ち込んでいた時、親身になってなぐさめてくれたのがかなえだった。

幸い大ごとにはならなかったけど、自分のミスから患者を危ない目にあわせたなんて、君には絶対に言えなかった。いろんな意味で、すべてをさらけ出せるのはかなえだけだったんだ。君には本当に悪いと思っている。申し訳ない』と」