ぺロトンのユーザーが急拡大中 photo/gettyimages
# DX

全米で人気沸騰中の「フィットネス業界のアップル」、じつはその正体は「巨大宗教」だった…!

世界に広がる「エクササイズ共同体」

いまフィットネスバイク業界において巨大なテック企業が生まれようとしていることをご存知だろうか。そして、その企業が当初から見通していたとおりに、デジタルトランスフォーメーション(DX)によってフィットネス業界にイノベーションをもたらしていることをあなたは想像できただろうか。

その企業とは、猛烈な勢いで株価が上昇しているアメリカの新興企業「Peloton Interactive(以下、ペロトン)」のことだ。

ペロトン・インタラクティブのフィットネスバイク(ペロトンの公式HPより)

「株価爆騰」を続ける米フィットネスバイク企業

2019年9月にニューヨーク証券取引所に上場した同社の株価は、今年4月ごろまで20ドルから30ドルで推移していた。ところが5月に入るとぐんぐん上昇をはじめ、10月には130ドル台に達したのだ。5月からの上昇率は3倍を超え、現在は120ドル前後で推移している。

上昇のきっかけは、5月6日に行われた第3四半期(1-3月)の決算発表である。売上は66%(約560億円)にも達したことが大きく報じられたが、それだけではない。ペロトンの有料会員が64%も増加したのである。フィットネスバイクを販売するだけでなく、有料会員がいることが同社の成長力の源泉であることをマーケットは高く評価したのである。

 

売上と有料会員の急上昇の背景には新型コロナウイルスの影響で、自宅でのフィットネス需要が爆発したことがあるが、注目すべきはそこではない。

ペロトンはアメリカで最も成長が期待されている企業であり、その秘密には日本企業がDXを成功させるためのヒントが随所に隠されている。

その半端ない成長力について、縷々説明していこう。