Photo by iStock

「Zoom飲み代」は経費になる…? 在宅勤務&リモートワークで「経費になるもの・ならないもの」の正しい見分け方

税理士が徹底指南

コロナ禍で、個人事業主やフリーランスの中には、業務委託先での仕事が在宅になったり、インタビュー取材や取引先との打ち合わせがすべてオンラインになったなど、リモートワークの機会が増加した方も多いでしょう。

今回はリモートワークにかかる個人事業主の経費はどのように取り扱うのか解説します。

【POINT】
・在宅業務でも、外での仕事と同じように経費を考える
・家の中での経費は家事按分が必要かどうかを考える
・事業に関係ない支出や家事按分の生活部分は「事業主貸」を使う

家で仕事をすることが増えてもさまざまな支出が出てきます。これらをどのように考えたらよいか、基本的なことを説明してから、具体的な例を見ていきましょう。

Image by iStock

そもそも経費ってどんなもの?

リモートワークを考える前に、そもそも経費とは何かをおさえておきましょう。経理では「必要経費」という言葉を使いますが、これは文字通り、あなたの事業に必要なものに支払った経費かどうかがポイントになるということです。

 

個人事業主の申告で事業に必要な経費とは、次の2つです。

・その売上に対応する仕入や、販売に直接必要だったもの
・その年にかかった、事業を行っていくために必要な家賃や通信費などの一般経費

そして、個人事業主が自宅で仕事をする場合、家賃や電気代などの経費には、事業と生活の両方で使用するものが多くあります。

これらは、事業にかかる部分の割合を設定して、適正に区分して経費にする必要があります。このことを「家事按分(かじあんぶん)」といいます。