ティラノサウルスの天下はわずか3日!恐竜時代を1年間にしてみたら

ティラノサウルス徹底研究 第3回
小林 快次, MOVE編集部 プロフィール

いよいよ一軍メンバーが出現!

この二軍が再び姿を現した11月27日以降、いよいよ一軍メンバーが現れます。もう師走は目前。もう恐竜カレンダーも終わりに近づいています。

それでも、体の出来上がっていなかった二軍、三軍たちと比べて、アジアと北米に登場した一軍メンバーは、大活躍を見せます。体は巨大化し、様々な武器を持って世界を征服するのです。

 

この一軍メンバー中でも「最強」を誇るのが、ティラノ軍団のスーパースター、ティラノサウルスとタルボサウルスです。彼らは最強で最恐。地球上の恐竜たちをなぎ倒し、その強靭な体と最強の武器で恐竜界を支配します。

どちらも白亜紀マーストリヒチアン期(約7210万年前~約6600万年前)に活躍した種で、たとえばタルボサウルスが登場したのは、暦の上では12月20日頃。いわば満を持してクリスマス前にデビューした大型新人といったところでしょうか。

ちなみにティラノサウルスはさらに遅く、このマーストリヒチアン期の後半しか生きていなかったので、12月28日くらいから地球を支配していたことになります。つまり、鳴り物入りでこの地球に誕生したのに、ほんの3日ほどしか暴れることができなかったのです。ほどなく大晦日の深夜0時を迎え、巨大隕石が地球に衝突し、スター軍団は他の恐竜とともにこの地球から姿を消してしまいました。さぞ無念であったに違いありません。

あらためてティラノ軍団の歴史を振り返ってみると、次のようになります。

・6月14日から18日(梅雨入り)…………軍団誕生
・6月の終わりまで(梅雨)…………三軍が頑張る
・7月16日くらい(海の日が近い)…………二軍現る
・7月20日くらいから8月30日まで(夏休み)…………二軍、一度目の失踪
・8月の終わり(夏休みの宿題、最後の追い込み)…………二軍再登場
・10月25日まで(ハロウィン準備中)…………二軍頑張る
・10月25日から11月27日まで(馬肥ゆる秋)…………二軍、二度目の失踪
・11月27日(だいぶ寒くなってきました)…………一軍の登場
・12月20日(クリスマスの気配が)…………超スターメンバー登場
・12月28日(もう今年も終わりですね)…………ティラノサウルス登場
・12月31日…………絶滅

——いかがでしょう? 皆さんがこれまで持っていたティラノサウルスのイメージが、だいぶ刷新されたのではないでしょうか。最新の研究をひもとくと、ティラノサウルスとは短期間のうちに隆盛を迎え、そしてあっさりと散った儚い存在なのです。でも、だからこそこれだけ多くの人々を魅了して止まないのかもしれませんね。 

* * *

次回『新発見が続くティラノ研究、「殺戮モンスター」と名付けられた新種も』

〈小林先生監修&著書のMOVEシリーズ〉

『恐竜 新訂版』
2015年、2016年の最新の発見も網羅した、恐竜図鑑。画期的な羽毛恐竜クリンダドロメウスや飛膜をもったコウモリのような恐竜イー、2016年に発表された日本の恐竜フクイべナトルなど、最新情報がもりだくさん!
 
『恐竜2』
370万部の大人気学習図鑑シリーズを牽引する「恐竜」の最新研究を徹底紹介した図鑑が登場! ティラノサウルス徹底研究、最新恐竜図鑑 2016年から2019年に発見された主な恐竜を紹介。ほかの図鑑には掲載されていない恐竜も多数掲載!
 
『MOVEmini 恐竜』
最新の情報が豊富に掲載された、いちばん新しい恐竜図鑑! ポケットサイズながらも、美しいイラストや迫力のある写真で、臨場感あふれる恐竜図鑑になっています。2018年や2019年に発表された、ハルシュカラプトルやボレアロペルタ、バハダサウルスなどの新種の恐竜も掲載。
『はじめてのずかん きょうりゅう』
脳医学者がつくった「賢い子」を育てる 画期的図鑑の第二弾! ファースト恐竜図鑑として、おすすめです。肉食恐竜ティラノサウルス、スピノサウルスから植物食恐竜トリケラトプス、ステゴサウルスまで人気の恐竜を網羅。
 
『ぼくは恐竜探険家!』
「はやぶさの目」とよばれる、気鋭の恐竜学者・小林快次氏が恐竜学者としての道のりを、恐竜少年とよばれた少年時代から、「はやぶさの目」とよばれ、数々の大発見をなしとげるようになった現在まで、あますところなく語りつくしました。これからの恐竜研究恐竜学者にあこがれる子ども達の必読書です!

関連記事