元エミレーツ航空のCAとして働いていた経験を活かし、長々と綴られて伝わりにくかった英文を1語か2語に簡略化した「短い英語」を推奨する、オンライン英会話スクール講師のmamiさん。累計3万部以上突破の英語本『1回で伝わる 短い英語』の著者でもあり、毎週金曜日にFRaU web連載「シンプルなのに伝わる英会話レッスン」を更新しています。

有名な観光スポットは日本各地にたくさんありますよね。そのため、初めて観光する際に「どこに行けばいいのだろう…」と悩んでしまう外国人観光客も多いはず。時間は限られているし、思い出になる場所へ効率よく行きたい。それは日本人旅行者でも思うことです。そこで今回は、「◯◯は観光するのにおすすめですか?」とストレートに質問されたときの答え方をご紹介します

今までの英会話レッスンはこちら▶︎

★mami流・英語を話すときの心得★
「間違えないように言わなきゃ」と気負う必要は全くありません。一番大事なのは「相手に伝えること」。カタコト英語でも問題ナシ! 「英語がしゃべれないから...」と、困っている外国人を見て見ぬふりせず、積極的に話してみましょう。

「ここは観光するのにおすすめですか?」と聞かれたときに使えるフレーズ

“ Is this a good place for sightseeing?
「ここは観光するのにおすすめですか?」と観光地で外国人にこう聞かれたとき、あなたならどう答えますか? 初心者でも言いやすい&相手に伝わりやすいシンプルなフレーズを紹介していきます。

【1】 Yes, you should check Tokyo Tower.
はい、東京タワーは見た方がいいですよ。

【解説】「should」は「~すべき」と訳す人が多いですが、それよりも「~した方が良い」という意味で、日常会話では使われることが多いんです。「had better~」よりも言いやすく伝わりやすいので、ぜひ使ってみてください。

【2】 Not really...
そんなにかも…

【解説】残念ながら、あまり観光にオススメしない、ということを言いたいときは、このフレーズを使いましょう。「あんまり…」「微妙…」という意味があるので、この他にも色んなシチュエーションで使えます。

【3】Asakusa is better.
浅草の方が良いですよ。

【解説】その場所よりももっと観光にオススメの場所を教えてあげたいときに使えるフレーズ。「better」は「より良い」という意味です。「オススメ」というと「recommend」ばかり使ってしまいがちですが、このようにもっと簡単で言いやすいフレーズはたくさんあります。「言いやすさ」や「伝わりやすさ」も意識しながら、英語を話すようにしてみましょう。

.                

今週はここまで。mamiさん監修「シンプルなのに伝わる英会話レッスン」は毎週金曜日に更新!

\毎日18時に今日の問題が届く/
LINE「身につく英会話 無料講座」▶

\使えるフレーズを日々アップ/
Instagram「超絶シンプル英会話」▶

\スマホで楽々、英語が身につく/
mami公式「オンライン英会話スクール」▶

1回で伝わる 短い英語(KADOKAWA)
非ネイティブが7割を占める現代では、ペラペラと流暢な英語を話しても、通じないことがほとんど。反対に、誰にでも伝わる短い英語を身につける必要があります。ドバイのエミレーツ航空でCAとして何万回とリアルな英会話を実践してきた著者が、現地で聞いて、使って、通じた、本当に必要な「短い英語」をセレクト。日常会話、海外旅行、接客。あらゆるシーンで使える短い英語をカバーしています。