# 漢字

【難読漢字】「鬼灯」って読めますか?

「鬼」のつく難読漢字に挑戦!

「鬼」の読みは「き」じゃありません!

突然ですが、「鬼灯」という漢字読めますか?

問題 「鬼灯」の読み方は?

マンガ『鬼滅の刃』の空前のブームで、反射的に「きとう」なんて読んでしまいそうですが違います。

「おにび」でもありません。

意外や意外、この漢字はある植物の名前を指しているのです。

 

気になる正解は…、

「ほおずき」です。意外だと思った人も多いのではないでしょうか?

答え 鬼灯:ほおずき

ほおずきはナス科の植物で、お盆が近づくと花屋やスーパーで鉢植えが売られているの見かけます。浅草寺の「ほおずき市」も有名ですね。

見た目が「提灯」に似ていることもあって、ご先祖様があの世から帰ってくる時に迷わないよう、迎え火の役目として仏壇やお墓に飾られるようになりました。

鬼灯/photo by iStock

漢字の由来は諸説あります。「鬼灯」は実が赤く怪しげな様子からきているとも。一方でほおずきには「酸漿」という漢字もあてられており、こちらはほおずきが鎮咳剤や利尿剤など漢方として利用されいてた薬物的側面からきていると言われています。

間違って読んだり、子供に聞かれた時に答えられず、恥ずかしい思いをしないように、今のうちに覚えておきましょう。