Photo by iStock

ノーベル経済学賞でわかった、「ヤフオク!」を100%使いこなす方法

複雑なシステムの「からくり」とは?

「オークション理論」とは?

2020年のノーベル経済学賞は「オークション理論の発展への貢献」として、スタンフォード大学のポール・ミルグロム氏とロバート・ウィルソン氏の2人が受賞した。オークション理論はゲーム理論を基礎に、この50年で発展した理論である。今世紀に入りミルグロム氏がアメリカの携帯電話の周波数オークションの設計に関与して大成功をおさめたことから「現実に適用できる理論」として、ますます注目を集めている。

研究が始まった50年前は、オークションが行われる商品や場所は市場や絵画など限られていたが、インターネット・オークションの発達によって、この状況は激変した。交渉が中心だった中古車、税金の滞納で差し押さえられた財産、マンションや家、ホテルや飛行機の予約、物流業者の輸送の請負まで、今日ではさまざまな商品がオークションで売られている。

本稿ではオークション理論の概要について説明するとともに、ネットオークションの「ヤフオク!」を例に初歩的な理論を分かりやすく解説する。

ノーベル経済学賞を受賞したポール・ミルグロム氏(左)[Photo by gettyimages]
 

オークション理論は、いくつかの理論で構成されている。ここではオークションで売られる財に着目して3つに分けてみよう。

(1)単一財の理論。1つの財を売るオークションの理論。絵画、中古車、魚市場・青果市場の競りなど、私達がイメージするオークションは単一財のオークションである。 

(2)複数財の理論。ワイン・木材・国債やIPO(新規上場)時の株式など同じものを多数売る「同質財」の理論と、周波数や物流の配送路など異なる財を組み合せて売る「異質財」の理論の2つがある。

周波数の利用権は、使用が許可される地域や帯域など、1つ1つの財が異なる性質を持っていて、組合せ効果(シナジー効果)がある。「この周波数とこの周波数を2つまとめてなら高く買うが、バラバラならいらない」という参加者のさまざまな需要に対して、オークションをどう設計するか、という問題が生じる。

ミルグロム氏は「同時競り上げ式オークション」と呼ばれる方法を周波数オークションに提案し、大成功をおさめた。