Photo by iStock

60代で老後資金が「1800万円」足りない!?  夫婦の「貯蓄額」これが本当の現実だ

松井証券株式会社が、子どもと親のいる全国の20-60代男女、計800名を対象にしたインターネット調査によると、「現在の世帯貯蓄額」と、「理想の世帯貯蓄額」に大きなギャップがあり、回答者の年齢が上がるにつれギャップも大きくなることがわかった。
*参考:「老後資金に関する調査」松井証券株式会社調べ

あなたの世帯貯蓄額、教えてください

昨年世間を大きく騒がせた「老後2000万円問題」。

金融庁の金融審査会がまとめた報告書にあった、「夫65歳以上、妻60歳以上、無職世帯」のモデルケースでは、収入から支出を引いた毎月の不足額が5万円、30年間で2000万円近くの不足になる。こうした試算から「2000万円」という数字が独り歩きしたことは記憶に新しい。

もちろん、上記は年金のみの生活が前提であり、それ以外の収入がある場合や、支出を抑えた場合では、老後に必要な金額は異なる。とはいえ、この問題をキッカケに、貯蓄や投資の必要性を改めて感じたという人は少なくないだろう。

では、各世帯は一体どれくらい貯蓄をしているのか? また、本音ではどれくらいの貯蓄額が必要だと思っているのか? その参考になるのが、前述の松井証券による調査結果だ。


拡大画像表示*松井証券株式会社調べ

「あなたの現在の世帯貯蓄額と、あなたが思う、現在の生活における理想の世帯貯蓄額を教えてください。」との問いに対し、以下のような実態がわかった。