サッカー日本代表の森保一監督[Photo by gettyimages]

森保ジャパンが「海外遠征」に積極的な理由…新時代の強化試合のカタチ

アウェーでの試合は、何よりの経験だ

「ウィズコロナ」の強化試合

強化試合の新しいカタチが示されたと言っていい。

コロナ禍の影響に伴い、サッカー日本代表にとって2020年初めての試合となった10月のオランダ遠征。9日にカメルーン代表、13日にコートジボワール代表とアフリカの強豪と国際親善試合を行ない、結果は1勝1分け。2試合とも緊張感のある試合内容になり、森保ジャパンがいずれも無失点で切り抜けたことも大きな収穫であった。

サッカー日本代表の森保一監督[Photo by gettyimages]
 

なぜ欧州でアフリカのチームとの試合が組めたのか。

欧州はUEFAネーションズリーグを実施しており、ナショナルチームが活動できる状況にあった。JFAはそこに突破口を見いだそうとした。

反町康治技術委員長がメンバー発表会見で「オランダ王国、オランダサッカー協会、駐日オランダ王国大使館、JFA事務局スタッフのみなさんのご尽力のおかげ」と語ったように、各方面からの協力がなければできなかったのは確かだ。しかしながら欧州でプレーする選手だけで選考できる時代になったことが何よりも大きいと感じる。

Jリーグ組は過密日程と帰国後の自主隔離期間があるために連れていけないという事情はあったものの、オール欧州組は史上初めて。それも乾貴士、香川真司、武藤嘉紀、中島翔哉ら実力者が今回のメンバーからは漏れている。人数を絞ってこその代表。東京五輪代表との融合を目指す森保一兼任監督の選考基準、強化方針によって選出される選手たちもプライドや責任感をより強く持つことができたのではないだろうか。

負担が軽く、学びは多い

コロナ禍の特別措置としてではなく、むしろ今回を契機に強化試合は“遠征路線”に比重を置く流れになっていくのではないかと考える。

理由は2つ。

1つは日本との長距離往復、時差により、選手に負担が掛かってしまうことだ。欧州でプレーする選手が一気に増え、ここまで日本代表に占める割合が増えてくると欧州組への配慮があって然るべきだ。かつ、欧州の所属クラブに戻ってレギュラー争いが待ち受けていることを考えれば、負担は軽いほうがいいに決まっている。