〔PHOTO〕iStock

“首を斬り落とされた”殉教者は、それを両手で持って10キロ歩いて死んだ

世界には「怖い話」がこんなにある

殉教者聖ドニ

モンマルトルの丘はセーヌ川右岸に位置し、パリで一番高く(とはいえ標高130メートルにすぎないが)、市内を一望できる。19世紀後半には世界中から芸術家の卵がここへ集まり、近代美術の中心地となった。今もモンマルトルといえばピカソ、モディリアーニ、ルノワール、ユトリロなど、多くの著名な画家の記憶と結びつき、観光客に独特のロマンを感じさせている。

だがモンマルトル(Mont des Martyrs)のそもそもの意味は「殉教者の丘」。芸術よりむしろ、血と結びついていた。

〔PHOTO〕iStock

フランスがまだガリアと呼ばれ、古代ローマ帝国から「野蛮人の住む辺境の地」と見なされていた、紀元3世紀。

ドルイド教(輪廻を説き、祖先及び樹木崇拝)が主流だったこの地にキリスト教を広めるべく送り込まれた宣教師たちがいた。彼らはセーヌ川のシテ島を拠点として布教活動に励み、次第に信者を増やしてゆく。やがて問題視されて捕らわれ、司教ディオニュシウス及び司祭ルスティクスとエレウテリスの3人が、町はずれの小高い丘で斬首された(「殉教者の丘」、即すなわちモンマルトルの命名の由来)。

ディオニュシウスは後世、ヴァチカンから「聖人」に認定され、一般にはフランス語表記によるサン(=聖)・ドニ(Dionysius = Denis)と呼ばれるようになる。その死がいかなるものだったかは、こう語り継がれている。

 

――聖ドニは、他の2人の処刑後、最後に首を斬り落とされた。しかし平然と立ち上がり、地面にころがった自分の首を拾い上げると両手で持ったまま歩き出す。なんと10キロ先(現パリ郊外のサン・ドニ)まで歩き続けたばかりか、その間、首はずっと説教を唱えていた。10キロといえば、普通の速度で2時間半ほど。そこで正真正銘、絶命した。

信者たちは聖ドニの倒れた地点に小さな礼拝堂を造った。13世紀になると、その礼拝堂があった場所にサン・ドニ大聖堂が建立され、それは歴代フランス王の霊廟ともなる。つまり聖ドニ伝承は、カトリック信仰とフランス王の強い絆を証明するものなのだ(フランス革命で反王党派が教会を弾圧した理由の一つがこれだ)。

21の「怖い話」を収録した最新刊『中野京子の西洋奇譚』