photo by gettyimages

大きく振りかぶって…「ノーバン始球式」バドミントン・潮田玲子のスマイルにファンも笑顔

衰えぬ運動神経…!

「ラスボス」こと歌手の小林幸子がランボルギーニのオープンカーに乗って登場し、ファンの度肝を抜いた始球式から3日。自分で「投げない」始球式が話題になったが、今回はバッチリ「ストライク投球」だった。

10月20日の神宮球場ヤクルト-巨人戦、試合前の始球式に登場したのは、バドミントン元日本代表の潮田玲子だ。北京五輪、ロンドン五輪と2大会連続で出場したのち、2012年に現役を引退。現在は2児の母となった。

引退後の2017年、Jリーグのイベントで/photo by gettyimages
 

始球式を務めるのは現役時代の08年ぶりだというが、「マサカリ投法」村田兆治ばりのワインドアップから投じられたボールは外角のストライクゾーン付近へ。球場や中継を見ていたファンからは「現役時代のままですごい」「可愛すぎる」「タイプだ」と、変わらぬ体幹と美貌に熱視線が集まった。