photo by iStock
# 新型コロナウイルス

新型コロナ対策に、医師が「鼻うがい」を推す理由

堀田修医師にその根拠を聞く

連日のように国内新規感染者数最多のニュースが飛び込んでくる新型コロナウイルス。「いかに感染を防ぎ共存していくか」の重要性がいっそう声高に叫ばれるなか、従来の予防策(マスク着用、手洗い、密を避ける、換気)に加え、「鼻うがい」を提唱するのが医師の堀田修さん(堀田修クリニック院長)だ。

ベストセラーとなった『つらい不調が続いたら慢性上咽頭炎を治しなさい』や最新刊『ウイルスを寄せつけない! 痛くない鼻うがい』など、数多くの関連書を著す堀田さんに、鼻うがいを「いま」推す理由と、はじめての人でも快適・効果的に実践する方法をきいた。

カギは「のど風邪」対策にあり

「元来のコロナウイルスには多くの種類があります。なかでも人間に感染するコロナウイルスはこれまで6種類ありました。うち4種類のコロナウイルスはのど痛など主にのどの症状があらわれる『のど風邪』の原因となりますが、感染しても軽い症状ですむことがほとんどです」

堀田さんはそう話す。

医師の堀田修さん(堀田修クリニック院長)

だが、残り2種類のコロナウイルスは、感染すると重篤な症状を起こすことが知られている。ひとつは2002年に「SARS(重症急性呼吸器症候群)」を引きおこした「SARSコロナウイルス」。もうひとつは12年に中東で「MERS」(中東呼吸器症候群)を引きおこした「MERSコロナウイルス」だ。

そして昨年、中国の武漢で人への感染が確認され、現在パンデミックとなっているのが7種類目のコロナウイルス「新型コロナウイルス(COVID-19)」である。

「新型コロナウイルスは従来の季節性コロナウイルス同様、『のど風邪』の症状が現れ、感染者のうち約8割(特に若年層)は、『のど風邪』のみで治ることが多いのが特徴です。ですが、高齢者が感染した場合は、免疫が過剰に反応する『サイトカインストーム』を起こすことがあります。その結果、重症化して命に関わる肺炎などにかかるケースが増えてしまうのです」

 

堀田さんは続ける。

「つまり、新型コロナウイルスの対策で重要なのは、まず『のど風邪』にならないこと。そして『のど風邪』にかかったとしても、早めに治してしまうことなのです」

関連記事

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/