# 歴史

爪剥ぎ、人間を矢の的に、女性を無理やり…日本史上に残る「最悪な暴君」たちの逸話

加来 耕三 プロフィール

家康が恋い焦がれた異国の聖女

むごい目にあわせたということでは、意外なのが晩年の徳川家康であったろう。この天下人・家康の愛妾となることを、きっぱりと拒絶した異国の聖女がいた。

文禄元年(1592)の朝鮮出兵のおり、先発の一方の将は、小西行長であった。彼は戦場を彷程うひとりの幼子を保護した。幼女ではあったが容姿才気が人並はずれて秀れていたことが、行長の心を捉えたようだ。

徳川家康/wikipediaより引用
 

親の代からのキリシタン信徒である行長(洗礼名をドム=オーギュスタン)は、その幼女を日本に連れ帰り、親代わりになって育てた。当然の如く行長はこの子に、キリシタンの教義も授けている。幼女に「滝子」と名づけ、通称を「おたあ」、物心がつく頃には洗礼を受けさせ、洗礼名を「ジュリア」といった。

“おたあジュリア”は行長の娘のように育てられたが、慶長5年(1600)、彼女が12歳になった年、関ヶ原の戦いで敗れた行長は、一族もろとも京都六条河原の露と消えた。

おたあはその後、行儀作法に精通していることを買われ、伏見城にあげられたが、家康は乙女となったおたあの美しさにひかれ、己れの駿府の城に、彼女を引き取ると、中臈の主席――第一等の官女に昇進させる。

当時、70歳を越えていた家康は、おたあの貴族に通じる品性と容姿に恋いこがれ、ついには夜伽を迫った。

関連記事