# 女子アナ

フジテレビの大型新人・渡邊渚アナが、「美バスト」「オープンな性格」で早くも人気沸騰のワケ

早くも「なぎパイ」の愛称も

研修期間を終えた各局の新人女子アナが続々と地上波デビューする中、即戦力の活躍で「主役」の座を奪ったのは、フジテレビの渡邊渚アナ。

フジテレビの渡邊渚アナ

そのデビュー戦となったのは、8月24日に放送されたバラエティ番組『ネプリーグSP』。漢検1級の渡邊アナが解答者で出演すると、視聴者をザワつかせるのだった。

「タイトな黄色いニット衣装で登場したので、メロンサイズの美バストの持ち主であることが判明したんです。さらに、漢字テストに正解すると両手を上げてジャンプしながら無邪気に喜ぶので、美バストが大きく揺れました。今後、渡邊アナが活躍すればするほど、語り継がれる伝説の放送回になりましたね」(女子アナウオッチャー)

この衝撃デビューの様子は瞬く間にネット上で動画が拡散され、まとめサイトなどでも渡邊アナの話題で持ちきりとなるなど、早くも「なぎパイ」の愛称でファンを急増させている。

 

一躍時の人となったルーキーは、慶應義塾大学経済学部に進学すると、「ミス慶應コンテスト2016」に出場。明るく爽やかなルックスを武器にファイナリストに選ばれた(コンテストは途中で中止)。

在学中には芸能事務所「生島企画室」に所属し、大学生タレントとしてバラエティ番組やリポーターとして活躍していた。

「フジ入社前にラジオ番組に出演した際、エピソードトークで街中でファンから胸のサイズを聞かれたと告白。それに対して渡邊アナは、『Gカップです!』と素直に答えたと話し、共演者を驚かせました」(前出・女子アナウオッチャー)

堂々と胸のサイズを明かしている大物新人アナにフジの期待も大きかった。