# 節約 # 家電

賢い人は知っている! 家電量販店で「値切り」を成功させる裏ワザ

ハッピを着た店員には要注意
藤山 哲人 プロフィール

ハッピを着た人に要注意

これは安く購入できるテクというよりは、惑わされないための注意点です。夏冬のボーナス商戦時期、量販店は大忙しになります。

一方で家電メーカーは商戦前に製品を発売しているので、少し手が空いた状態です。そこで各メーカーの営業さんたちは、無償のお手伝いと称して、量販店に自社製品のアピールをする「ヘルパー」さんを多数送り込んでいます。おそらく皆さんも見たことがあるはず。

メーカーさんから来ているヘルパーさんは、たいてい自社のメーカー名が入ったハッピを着ているので一目瞭然です。またネームバッチやタグにヘルパーと書かれているので、さりげなく確認してから話しかけるのがいいでしょう。

photo by iStock

ヘルパーさんは、値切り交渉まで対応できないので、その都度レジ奥に行って価格を確認する必要があります。量販店の店員さんなら値切り交渉もサクサク進みます。

あなたがメーカーや型番など買う商品を決めていない場合は、ヘルパーさんはメーカーの製品の良さを淡々とセールスしてくれるので少し注意が必要です。

逆にある程度、製品を絞ってお店に来ているなら、製品の細かな違いを熟知しているヘルパーさんに声をかけるのも良いでしょう。