# 家電 # 節約

賢い人は知っている! 家電量販店で「値切り」を成功させる裏ワザ

ハッピを着た店員には要注意
藤山 哲人 プロフィール

プライスカードに要注目

「コレ値段下がりませんか?」という質問に対して、「ちょっとお待ちください」と店の奥に確認しに戻ったり、プライスカードをチラチラ見ながら電卓を叩くようなら「交渉の余地あり」のサインです。

ヨドバシカメラのように「他店舗より高かったら言ってください」という量販店の場合は、折込広告やWebの販売ページを見せる準備もしておきましょう。自店舗より価格が安ければ店員さんが確認後、きちんとドコまで値引きできるかを調べてくれます。

photo by iStock
 

ちなみにプライスカードをチラチラみて電卓を叩く店舗は、値切り交渉ができる可能性が高いといえます。実はプライスカードには、値段や家電の型番などの情報以外にも、店員にしか意味が分からない10桁ほどの英数字が併記されている場合があります。

これは店独自の管理番号で、一般客には謎の数字の羅列にしか見えませんが、店員さんはこの「数字」を打ち込んで電卓を叩くことで、その商品における最大値引率を表示したりできます。

要は量販店独自の「マジックナンバー」のようなもの。こまめに通ってこのマジックナンバーを解読してもいいのですが、そんなに簡単じゃありません。

単純に、プライスカードに数字の羅列が書かれているお店は「値引きの可能性大」とだけ覚えておきましょう(あくまで一部の店舗で使われている方法です)。