〔PHOTO〕iStock

「紙の通帳」ここへきて次々と有料化… 銀行が手数料を上げる「苦しすぎるワケ」

世界標準に近付き始めた

銀行のサービスが急激に変わりつつある。これまで銀行というのはタダでお金を預かってくれるどころか、金利まで付けてくれる便利な場所であり、多くの日本人にとって銀行のサービスは無料(もしくは格安)という感覚が強かった。だが銀行の経営環境は著しく悪化しており、従来のサービスを維持する余力がなくなっている。これからは、何をするにも手数料が取られる時代になるだろう。

〔PHOTO〕Gettyimages
 

紙の通帳を有料化し、ネットへの移行を促す

三井住友銀行は2021年4月以降、ネットバンキングを使わない顧客から手数料を徴収する方針を明らかにした。ネットバンキングのサービスを開設していない顧客で、かつ2年以上取引がなく、残高が1万円未満だった場合、年1100円が口座から差し引かれる。同時に紙の通帳を利用する場合にも年550円の手数料がかかる(75歳以上の高齢者と2021年3月31日以前に開設した口座は対象外)。

同行には約2700万の個人口座があるが、ネット利用は約4割にとどまる。同行のみならず各行は店舗網の削減を急ピッチで進めており、店舗でなければできない取引以外はネットへの移行を促している。対面の顧客から手数料を徴収することでネットの利用を促進し、全体のコストを引き下げたい考えだ。

通帳の有料化は、すでにみずほ銀行が来年1月からの導入を決定しているし(1100円)、三菱UFJ銀行も特に希望しなければ最初からデジタル通帳を提供するようになっている(みずほ銀行でも、70歳以上の場合には手数料徴収の対象から外れる。また2021年1月17日以前に開設された口座についても対象外となっている)。

加えて各行は、取引がない口座を対象に口座維持手数料を徴収することも検討している。三菱UFJ銀行では、2年間取引がない口座については年間1200円程度の口座維持手数料を徴収する方針である(新規開設口座に限定)。