〔PHOTO〕gettyimages

イギリスに異変…EU離脱の狙いが早くも壁に直面している「厳しい現実」

ブレグジット問題の現在

欧州での新型コロナウィルスの感染再拡大に埋もれて影の薄くなったイギリスの欧州連合(EU)離脱問題。このブレグジット問題をめぐり、再び「瀬戸際外交」が活発化してきた。

イギリスは今年1月31日にすでにEUを離脱し、現在は自由貿易協定(FTA)など今後の関係を取り決める移行期間にある。そして、その移行期間の終了が12月31日に迫る中、交渉は暗礁に乗り上げ、「合意なき離脱」に伴う経済・社会の大混乱が懸念されているのである。

「合意なき離脱」騒動は既視感の強い光景ではあるが、筆者はイギリスにとってブレグジットが持つ意味は大きく変わってしまったように思える。

ジョンソン英政権の場当たり的な同問題への対応が、EUを離脱して世界で繁栄するという「グローバル・ブリテン」への期待を急速に萎ませ、連合王国イギリスを展望なき袋小路に転落させつつあるように見えるのである。

どういうことか。交渉の現状を押さえた上で、順を追って説明したい。

〔PHOTO〕gettyimages
 

最大限の脅しをかけたが…

FTA交渉では、(1)イギリス海域での漁業権問題(2)政府補助金の是非など産業政策のルールをめぐる問題の二分野で両者が鋭く対立。イギリスとEUの双方が「ボールは相手コートにある(譲歩すべきは相手側)」と一歩も譲らない姿勢を見せている。

ジョンソン首相は当初、EU首脳会議の開かれる10月15日を交渉期限とし、進展がなければ「合意なき離脱」へ突き進む方針を示していた。その首脳会議で進展がなかったことを受け、英首相報道官は「交渉は終わった」と最大限の脅しをかけて見せた。

しかし、ジョンソン政権が繰り返す瀬戸際戦術はもはやEUには単なる「ブラフ(虚勢)」としか映っていないのだろう。緊張が大きく高まることもなく、交渉妥結の次の目標は11月中旬へ移った模様である。