韓国ではテレビドラマの多くが、放送後、早くて1時間後にはNetflixで配信されるという。日本とはまったく異なる韓国のドラマ視聴事情について、また、いま注目を集めている「Netflix限定配信作品」について、韓国在住のブロガー・Misaさんに解説してもらった。

Netflixオリジナル『保健教師アン・ウニョン』の衝撃

9月末から、Netflixで配信が始まった韓国ドラマ『保健教師アン・ウニョン』。韓国の人気小説家チョン・セランの小説『保健室のアン・ウニョン先生』のドラマ化ということで、韓国小説に関心のある人々の間では、ドラマ化が決まった時点から話題になっていた作品である。映画『82年生まれ、キム・ジヨン』の主演でも知られるチョン・ユミが主演を務めている。

『保健室のアン・ウニョン先生』より

この作品、配信当初からその奇抜で斬新な内容で注目を集めている。SNS上では、「独特な世界観に圧倒された」「今までに見たことの無いタイプの韓国ドラマ」といった感想が多い。それもそのはず、「他の人には見えない“ゼリー”など、邪悪で不可解なものが見えてしまう保健教師のアン・ウニョンが、BB弾とレインボーカラーの剣でそれらを退治していく」というストーリーは、文字で読んだだけでも不思議感が漂うが、これを映像で見ると、相当なインパクトがある。

「保健教師アン・ウニョン」が他のNetflixオリジナル作品と違って、これだけ独特な世界観を描けた理由の背景には、韓国での配信形式が大きく影響している。

日本では、“Netflixオリジナル“と冠のついた作品を「Netflixだけで視聴できる作品」と思っている人が多いと思うが、実は韓国では、そのほとんどが同時にテレビ放送もされている。『愛の不時着』や『梨泰院クラス』も、韓国ではテレビ放送が先だ。
一方で、『保健教師アン・ウニョン』は韓国でもテレビで放送されていない、Netflixだけで見ることができる “Netflix限定配信”の作品である。

『保健室アン・ウニョン』より