提供/花王株式会社

ウィズ・コロナ時代となり、私たちの生活スタイルは大きく変化した。家で過ごす時間が増えるなかで、気になるのが住まいの衛生・感染症対策だ。

花王は感染症から社会を守り、臭いや汚れといった微生物由来の不快感から暮らしを守るため、ウイルスや微生物に関する研究を日々行なっている。見えない微生物やウイルスのリスクも、科学の力があれば見ることが可能だ。例えば花王の衛生研究から、家の中でもキッチンに、細菌など微生物が繁殖しやすいホットスポットが多くあることがわかった。一見、掃除が行き届いているように見えるキッチンも、意外なところに微生物が潜んでいるという。

今回は、住環境を衛生的に保つため、知っておきたいこと、するべきことを、研究員の視点から解説してもらった。「微生物とウイルスの違いは?」「除菌・殺菌・消毒の違いは?」など、わかっていそうでわかっていないことも含めて、日頃の掃除や感染対策のポイントを見直してみよう。
photo/iStock

生活の中にいる微生物。その存在知っていますか?

私たちの生活環境には、ウイルスから細菌、カビなどのさまざまな微生物まで、目に見えない無数の異物が存在している。どれも身の回りにも存在するが、私たちの体内にも存在し、共存していたりもする。

微生物ともうまく共存していければいいけれど、増えすぎてしまうと臭いなど不快感の原因になったり、食中毒や感染症のリスクが高まる。

家の中で微生物が多い場所はどこか? どんな場所で除菌が必要になるのだろう?
そうしたことを調べるのが、“MoBE(Microbiome of Built Environment/建物の中にいる微生物の群がりのこと)”と呼ばれる研究分野だ。

「微生物というのはたくさん集まると、感染症の原因になったり、臭いや汚れといった形でその影響が目に見えるようになります。例えば、風呂場によく出現するピンク汚れの主原因と考えられるメチロバクテリウムという細菌の研究では、その数が、約10の7乗個まで増殖するとピンク色に見えだすことがわかりました。

ただ、微生物は悪者ばかりとは限りません。例えば、喘息、アトピー、花粉症といった疾患に微生物がいることでかかりにくくなる、強い身体になるということも、近年論文で報告されるようになりました。また、一般には細菌数が多いほど感染リスクは高くなりますが、人に感染する為に必要な最少細菌数は、細菌の種類によっても、人の健康状態によっても異なります」
こう話すのは、花王株式会社 安全性科学研究所 主任研究員の矢野 剛久さんだ。

つまり、微生物は増えすぎると困ることがあるけれど、衛生的にしすぎても人の抵抗力が下がることにつながりかねない。したがって、「快適さと健康を両立させるには、家庭内の微生物の群=MoBEを“適度”に制御していくことが重要」だと矢野研究員は言う。