32歳の妻が味わった、年収700万円「エリート夫」との地獄の生活

ストレスがたたり…
後藤 千絵 プロフィール

それからしばらくして、再び沙耶さんから事務所に連絡がありました。

「実家に帰ると、驚くほどすぐに体調が回復したんです。やはり原因はストレスなんだと実感しました。もうあの地獄のような生活に戻りたくないと思い、以前にも増して真剣に夫との離婚を考えるようになりました。

今では、夫と離婚できなかったら…と考えると、いてもたってもいられなくなります。私のような、取り立てて離婚原因がないようなケースでも離婚できるんでしょうか? 先生、離婚するために私はこれからどうすればいいのでしょうか?」

Image by iStock
 

沙耶さんからのご相談に対し、一度、ご主人に離婚についての率直な意見を伺ってみればどうでしょうか?とアドバイスしました。

「絶対に離婚に同意しないのか」、「条件次第では離婚してもいいのか」、「むしろ離婚したいのか」、ご主人の意見がこれらのどれに該当するかによってこちらの対応も違ってきます。

沙耶さんは、もし夫が離婚に同意しなければ自分で交渉して夫の気持ちを覆す自信はないし、夫との生活がトラウマになっており、同居していた時の気分を思い出すと再び体調が悪くなる気がするので…という理由からすぐにご依頼をされました。

依頼されると窓口が弁護士となりますので、夫と直接、話をする必要はなくなります。それだけでもだいぶストレスが減りましたと、沙耶さんは少しホッとした様子でした。