〔PHOTO〕Gettyimages

文在寅政権の大暴走…駐米韓国大使「米国か中国か、選ぶのは我々だ」

米韓同盟の溝は深まるばかり

米韓同盟の行方

東アジアにおける米中の覇権争いが激しさを増す中、現職の駐米韓国大使が「必ずしも米国側に立つとはいえない」と発言し、米韓両国間で論争を呼んでいる。

21代通常国会の国政監査(政府各機関に対する国会レベルの議政監査)期間中の12日、外交通商委員会の画像国政監査に出席した李秀赫(イ・スヒョク)駐米韓国大使は、米韓同盟を問う質問に次のように答えた。

朝鮮日報日本語版より

「韓国が70年前に米国を選択したからといって、今後の70年間も米国を選択するわけではない。韓国の国益に役立ってこそ、米国を選ぶことができるだろう。

(中略)THAAD(高高度ミサイル防衛システム)のような事態(中国の経済報復)が起こらないよう、あることでは中国を選択しなければならない。我が国が(米中間の)選択を強要される国ではなく、今や選択できる国だという自負心を持っている」

李大使の発言直後、韓国の保守野党「国民の力」と保守系メディアは、「李大使が韓米同盟の信頼を傷つけている」と、強く反発した。

「駐米大使、韓米同盟に自信がなければ辞任が答えだ」(『国民の力』論評)
「同盟信頼を蝕んだ李秀赫氏に駐米大使の資格があるか」(『中央日報』社説)
「いっそ、“韓国は米国ではなく中国を選択すべき”と自白しろ」(『朝新日報』社説)

すると、与党の大物政治家たちは一斉に李大使の発言を擁護した。

「同盟でも国益が大事だという当然の発言が、なぜ議論になり、攻撃の対象になるのか、疑問だ。韓米同盟を聖域のように神聖視する態度は行き過ぎだ」(金泰年・共に民主党院内代表)
「韓米間の利益がすべて一致するわけではない。“大韓民国ファースト”という観点で発言すると、すぐにでも韓米同盟が壊れるかのように大騒ぎになる」(宋永吉・外交通商委員会委員長)

 

一方、米国務省は翌日、米国の自由アジア放送(RFA)が李大使の発言に対する論評を要請すると、次のように反論した。

「70年の歴史を持つ米韓同盟と、米韓同盟が域内の平和・繁栄のために成し遂げたすべてを誇りに思う。米韓は同盟であり友人として共に歩み続けている」