photo by gettyimages
# iphone # 日本株

新型iPhone対応なし… 楽天「株価急落」のシナリオが見えた

今週の「AI株価予報」で読む

「5G対応」の重み

「早速予約した」「11よりカッコよくなった」「デカすぎて…SE復活しないかな」「ライトニングケーブルはいつまで使われるの?」…。

様々な感想が飛び交った、日本時間の10月14日深夜。アップルの新型iPhone発表会では、上位機種となる「iPhone 12 pro max」、「iPhone SE」などの位置づけを継承する「iphone mini」を含め、4種類のラインナップが明らかになった。

旧機種より小型化、軽量化が図られる一方で、パフォーマンスは向上。ワイヤレス充電にも対応するという。とはいえ、「Pro Max」までくると、一般的な日本人の手から考えるとかなり大きいサイズ感ではありそうだ。

ワイヤレス充電が実装/photo by gettyimages
 

「iPhone 11」の後継機種という位置づけの「12」では、環境保護などの観点でACアダプタおよび有線イヤフォンの同梱を廃止。一部で期待されていた「USB-TypeC」の対応や、イヤホンジャックの復活などは叶わなかったようだ。

モバイル業界に詳しいアナリストはこう語る。

「最大のポイントは、iPhone 12が5G対応機種である点です。スマホの目新しい機能や性能の向上が徐々に頭打ちになっていくなかで、5Gの普及は大きなブレイクスルーになると期待されています。

日本国内では、まだまだ対応エリアは少なく、しばらくは4Gがメインになるでしょう。ただ、iPhoneの5G対応によって、一気に普及が進む可能性は高い」