Photo by iStock
# 教育

いじめを受けた子どもに、親と教師が言ってはいけない「3つのNGワード」

これ以上追い込んでしまわないために
いじめ、不登校、保護者との軋轢、長時間労働、新型コロナの影響……。教育現場で起きているさまざまな問題に処方箋を与えてくれるのは、著書『いい教師の条件』を上梓した諸富祥彦氏だ。なかでも親や教師が全力で取り組むべきなのは、いじめの問題だろう。いじめられた子をケアする際に注意すべきことは何か? われわれが心得ておくべき、「いじめを受けた子どもに言ってはいけないNGワード」を3つ、挙げてもらった。

まずは学校を休ませよう

どのようにしていじめられた子を守っていけばよいのでしょうか?

Photo by iStock
 

いじめの問題が深刻であれば保護者と話し合って、一時的に学校を休ませてもよいでしょう。

いじめた子(加害者)がいる教室にいじめられた子を通わせるのは、たとえて言えば、レイプの加害者がいるのと同じ職場にレイプの被害者を通い続けさせるのと同じことです。とんでもない残酷なことです。

いじめられた子どもの話をよく聞いてあげてください。つらい顔をしている子には、「泣いてもいいんだよ」と、ひとこと言ってあげてください。

すると、どっと涙を流して語ってくれる子もいるでしょう。

注意してほしいのは、教師であれ、親であれ、いじめられた子どもに対して、次の3つの言葉は決して言わないことです。子どもの心の傷をより深くする危険があるからです。