Photo by iStock
# 教育

「9割の子供がいじめ経験あり」…衝撃のデータが示す、日本の学校の深刻すぎる問題

いじめ、不登校、保護者との軋轢、長時間労働、新型コロナの影響……。山積する教育現場の問題に解決策を与えてくれるのは、著書『いい教師の条件』を上梓した諸富祥彦氏だ。大きな社会問題となっている「いじめ」。あるデータによれば、なんと9割の子どもがいじめを受けた経験があり、またはいじめに加担した経験があるという。そのリアルな実態と、親や教師が知っておくべき対応策を教えてもらった。

学校は今「戦国状態」だ

私は、いじめが最も深刻だと思われる公立の中学校において、21年ほどスクールカウンセラーをしていました。カウンセリング・ルームにいて、いじめに遭った子ども、仲間外れにされている子どもの訴えを聞かない日はありませんでした。

Photo by iStock

今、子どもたちは、いつ誰が狙いうちされるかわからない状態にあります。思春期の子どもたちにとって、学校は常に「戦国状態」なのです。

文部科学省「いじめ防止対策協議会」(2016年度)による調査には、小学校4年生から中学校3年生まで、同じ子どもたちを6年間追いかけた、縦断的な研究の成果が示されています。小4から中3までの6年間、1年に2回、合計12回にわたって、「あなたは今、いじめや仲間外しをされていますか」という問いに回答してもらったのです。

「あなたは今、いじめや仲間外しをされていますか」……小4から中3までの6年間に、この問いに「はい」と答えた子どもの割合は、どれくらいだとあなたは思いますか?

(1)30%以内

(2)40~70%

(3)80%以上

 

正解は(3)です。調査の結果、なんと、9割の子どもが小4から中3まで6年間に一度は、「自分は今、いじめや仲間外しの被害に遭っている」と答えたことがわかったのです。つまり、小学校4年生から中学校3年生の6年間にかけて、ほぼすべての子どもがいじめや仲間外しの被害経験が一度はあったのです。