初めての土地へのショートトリップ。限られた時間の中で、楽しく効率よくまわりたい。そんな時、情報収集はローカル(地元住民)に聞くのがいちばん確実。今回、長崎を案内していただいたのは、frost craft店主の株元昭典さん。

長崎県のほぼ中央に位置し、穏やかな大村湾を望むことができる自然豊かな場所。果物の名産地として知られていますが、実は野菜も米も畜産も盛んな食材の宝庫。長崎空港に降り立ったら何度でも立ち寄りたいとっておきのスポットを教えていただきました。

長崎空港からのアクセス
大村市まで、約5.6km(大村駅まで)県道38号を経由して約15分

ドライブのおともにもぴったりの
おいしいコーヒー&おやつ

アルマロードコーヒー

カフェラテ¥460、ベイクドチーズケーキ¥360、チョコレートスコーン¥260。

大村ICへ続く空港通り沿いにあるコーヒーショップ。この4月で5周年。

“LONG TABLE PAPA’S&MAMA’S 大村店”の建物内にある。

パティシエ出身の店主・森采さんはオーストラリアでバリスタとして働いたあと、独立。ドリップコーヒーは味の好みに合わせ、ペーパードリップ・フレンチプレス・エアロプレス・ロングブラックと4種類の淹れ方から選べる。

オーストラリア認定のオーガニックハーブティー。量り売りも(¥500~)。

手作りの焼き菓子のおいしさも評判。

アルマロードコーヒー
大村市古賀島町525-2
☎0957-56-8740
営業時間:10:00~20:00、月~17:00
定休日:火
https://almardcoffee.shopinfo.jp/

パンをかじりながら、コーヒーを楽しむ。
優雅な時間が過ごせる場所

nijimaru

“パンとコーヒーのセット”¥930は波佐見焼のカップで提供。

こだわりのコーヒーと軽食が楽しめるカフェ。人気の“パンとコーヒーのセット”は季節の野菜を使ったデリとスープ、パンとたっぷりのコーヒーが付いてボリューム抜群。

閑静な住宅街にあり、Wi-Fiも完備。のんびり過ごせる。

主役のパンは、同じ大村市内の『あさころパン』で仕入れるロデウ。外側はパリッ、中はモチッとしたパンでスープによく合う。

そのぎ茶とレモングラスティー(ホット)¥540もおすすめ。

長崎の特産品である“そのぎ茶”など、地域食材を活用したメニューも魅力。


\とっておき長崎土産/
そのぎ玉緑茶 茶縁

豊かな自然と美しい水に恵まれた東彼杵町は、全国的に有名なお茶の名産地。4代目が営む東坂こくまる商店では茶樹栽培から製茶まで一貫して行っている。渋みと旨味がちょうど良いバランスで毎日飲みたいおいしさ。パッケージの文字は、佐藤鳳水さん。nijimaruでも購入できる。¥1512/東坂こくまる商店 https://atsushiumibowzu.stores.jp/

nijimaru(ニジマル)
大村市東三城町12-1
☎070-7640-7453
営業時間:11:00~18:30
定休日:日・月
@nijimaru.cafe