そして最後のシーンには、さらに多くの「?」が。

美々は孤独に苛まれ、同僚から勧められたオンラインゲームを通して、一人の男性、ハンドルネーム「檸檬」とSNSでやりとりするようになるのだが、自分から相手を突き放すようなメッセージを送った直後、返信が途絶えたことをきっかけに、檸檬への思いが募っていく。

その後、緊急事態宣言が解除されて久々に出社した際、あることがきっかけで、「回転寿司」のような男だと思っていた部下の八木原(HiHi Jets/ジャニーズJr.の高橋優斗 ※高ははしごだか)が「檸檬」なのではないかと思うに至るのだが、彼に「もうね、檸檬、檸檬、檸檬! 頭の中が檸檬、檸檬!」と叫び、会いたかったと伝える最後のシーンには、「なぜそこまで一気に感情が高ぶるのかわからない」「美々が情緒不安定すぎてついていけない」という声が多く上がっていた。

こうした視聴者の反応が示すように、『#リモラブ~普通の恋は邪道~』の初回の平均世帯視聴率は8.7%と、過去の同じチームによる『きょうは会社休みます。』(同14.3%)、『世界一難しい恋』(同12.8%)と比べるとやや厳しいスタートとなった。

とはいえ、まだ初回。これからのストーリーで美々のキャラクターに厚みが出てくるかもしれないし、松下洸平と高橋優斗ら“爽やかイケメン勢“に注目する女性視聴者は少なくない。今後の展開に期待したい。