波瑠が主演の恋愛ドラマ『#リモラブ~普通の恋は邪道~』(日テレ系・水曜22時)の初回が14日に放送され、ネット上では早くも賛否が分かれている。

『#リモラブ~普通の恋は邪道~』公式サイトより

※以下、第1回のネタバレを含みます。

波瑠のロングヘアー姿に絶賛の声

舞台は、2020年4月の横浜。鐘木パルプコーポレーション“通称カネパル”に産業医として勤務する28歳の大桜美々(波瑠)は、入社当初、「美人すぎる産業医」として評判だった。しかし、人をどこか見下したような態度、正論を押し付ける独善的な性格から「健康管理室の独裁者」と呼ばれ敬遠される存在に。

周囲から「彼氏なんていないだろう」と思われている美々だが、過去にはさまざまな男性と恋愛遍歴を重ねていた。過去の恋愛を振り返るシーンで波瑠は、ロングヘアーやセミロング、前髪なしショートなどさまざまな髪型を披露。SNSでは特にロングヘアー姿に「美しすぎる」「ロングヘアーのほうが美人に見える」など絶賛の声が寄せられた。

美々はその過去の恋愛で、「僕がずっと好きだったのはフランス料理(=美々)だ。でも僕は気づいた、本当に好きなのはお茶漬なんだ」と当時付き合っていた男性から言われる。それをきっかけに、心の中で異性を食べ物で表現するようになるのだが、目の前に現れる男性を「脂身の多いトンカツ」(及川光博演じる、カネパルの人事部の男性)、「その横に添えてあるキャベツ」(松下洸平演じる、同じくカネパルの人事部の男性)、と次々に食べ物にたとえながら斬っていく様には、特に若い女性たちから「わかる(笑)」「食べ物の選び方が絶妙」という声がSNSで上がっていた。