〔PHOTO〕Gettyimages

GAFA帝国に「企業分割」の危機…反トラスト法違反で提訴秒読みに

業界勢力図が変わる転換点となるか

GAFA包囲網の進捗

米国を代表する4つの巨大IT企業「GAFA」への包囲網が着実に狭まっているーー。

米国下院議会の反トラスト小委員会は先頃、GAFAがデジタル市場における独占力を乱用して競争を歪めている、とする報告書を公表した。

野党民主党の議員を中心にまとめられた同報告書は、反トラスト法(独禁法)の改正など規制強化に加え、GAFAの企業分割にまで踏み込んだ内容となっている。

与党共和党の合意が得られていないため、現時点で実行に移される公算は低いが、来る11月の大統領選と上下両院選などの結果次第では、GAFAの独占力を削ぐための立法化が始まる可能性もある。

また、米メディアによれば、議会とは別に司法省がグーグルを、FTC(連邦取引委員会)がフェイスブックを各々、反トラスト法違反で提訴する準備を進めており、今回の議会報告書はそれに勢いを与えることになる、と報じている。

〔PHOTO〕Gettyimages
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら
編集部からのお知らせ!

関連記事