photo by gettyimages
# iphone # アップル

「iPhone12」最上位は重くて大きすぎ! いちばん「お買い得」なのは?

4種類の新型が発表

2020年10月14日(日本時間)、アップルは初の5G(第5世代移動通信システム)に対応したiPhoneシリーズの最新モデル4機種を発表した。それぞれの魅力を紹介する前に、まずはラインアップと発売日、価格をざっと紹介しよう。

photo by gettyimages
●iPhone 12(6.1インチ有機EL)
・10月16日予約開始、10月23日発売
・価格:8万5800円(64GB)、9万800円(128GB)、10万1800円(256GB)
●iPhone 12 mini(5.4インチ有機EL)
・11月6日予約開始、11月13日発売
・価格:7万4800円(64GB)、7万9800円(128GB)、9万800円(256GB)
●iPhone 12 Pro(6.1インチ有機EL)
・10月16日予約開始、10月23日発売
・価格:10万6800円(128GB)、11万7800円(256GB)、13万9800円(512GB)
●iPhone 12 Pro Max(6.7インチ有機EL)
・11月6日予約開始、11月13日発売
・価格:11万7800円(128GB)、12万8800円(256GB)、15万800円(512GB)

新iPhoneシリーズ共通の注目ポイントはアップル初の5G対応と、全モデルが有機ELディスプレイを搭載したこと、IP68(水深6mで最大30分間)の耐水性能を実現したこと(iPhone 11もIP68だが水深2mで最大30分間)、セラミックシールド採用によって画面落下耐性が4倍にアップしたこと、マグネットで充電器とつながって充電できる「MagSafe」充電に対応したことが挙げられる。

 

4G LTE時代からさらに高速・大容量通信が可能な「5G時代」がいよいよ到来したと言われる昨今、最新スマートフォンの注目ポイントの1つが「5G対応の有無」だ。

まだまだ5Gを利用できるエリアはほとんどないものの、数年以上利用するつもりであれば、今後エリアが拡充していく5Gを利用できるかどうかは重要なポイントになる。

日本向けモデルではさらに高速・大容量通信が可能な「ミリ波」の周波数帯には対応しないものの、これが生かされる場面は決して多くはないと考えられる。