# 育児 # 健康

まさか妻が「産後うつ」に!「ベンチャー経営者」が味わった9ヶ月の地獄

この経験から生まれたもの
金融スタートアップのFinatextホールディングスは、今年8月、妊娠中に入れる保険「母子保険はぐ」を発売した(あいおいニッセイ同和損保と共同出資するスマートプラス少額短期保険が提供)。産前産後の母親と赤ちゃんをサポートする同保険では、「産後うつ」も保障内容の1つとなっている。
なぜ、金融スタートアップ企業が、「産後うつ」を保障する保険を設計・発売したのか? その背景には同社の代表・林良太氏の奥様が「産後うつ」を発症したという事情があった……。林氏自身に、奥様と一緒に乗り越えた、過酷な9ヶ月間について語っていただいた。

妻に起きた異変「1週間近く、一睡もできなかった」

2019年6月、僕の妻は35歳で出産を迎えました。彼女は明るい性格で、わが子を授かったときは、産後うつの存在を知りませんでした。

ところが、息子が生まれ、家族3人で力を合わせていこうと思っていた矢先のこと。実家で産後を過ごしていた妻から、子供が生まれて2日目の夜「一睡もできなかった」と連絡が来たのです。

Photo by iStock
 

お互い、産後はホルモンバランスが乱れると聞いていたので、そのせいかなと思い、このときは何も気に留めていませんでした。

しかし、そのあと3日目、4日目と一睡もできなかった日々が続きました。さすがにこれは何かおかしいと思い、そのとき初めて、この状況がどういったものなのか自分で調べてみたのです。

このとき、「産後うつ」についての情報も目にしていたものの、自分の妻がまさかなると思わず、一時的なマタニティブルーなのかな、と考えていました。

授乳の関係もあり、病院に行くと薬の処方が出される可能性があるため、しばらくは病院に行くこと・薬を飲むことを控えていました。

しかし、5日目以降も妻は眠れないまま。さすがに1週間近くまったく眠れないのは平常ではないと思い、そのときに初めて心療内科に行くことになりました。

産後すぐということもあり、早めに診察等々を行ってもらい、すぐに「産後うつ」と診断されました。