photo by gettyimages

ポストコロナの光は「免疫記憶」にあり!

「二度感染なし」のワクチンを目指して

好評シリーズ「WPI世界トップレベル研究拠点」潜入記 第7回!

WPI(世界トップレベル研究拠点プログラム)は、異なる研究分野間、言語と文化の垣根を超えて世界の英知が結集する、世界に開かれた国際研究拠点を日本につくることを目指して2007年、文部科学省が策定した研究拠点形成事業で、2020年現在、全国に13研究拠点が発足しています。

7回目となる「潜入記」の舞台は、大阪大学免疫学フロンティア研究センター(WPI-IFReC)。免疫学の研究者として著名な黒崎知博特任教授と新中須亮特任助教にお話を聞いてきました。

2度目はない感染症と毎年かかる感染症。違いは?

年明けの頃は、まさかこんな生活になるとは誰も思っていなかった。

コロナ禍に突入して半年が経過した2020年10月現在、誰もが新型コロナウイルスに恒常的警戒をしながら生きていくしかないと思い始めている。待たれるのは特効薬とワクチンだ。それらが完成し、世界に行き渡れば、インフルエンザと同等の警戒だけで事足りるようになるはずだ。

とはいえ、インフルエンザだって毎年のウイルス変異に追いつくために新ワクチンをせっせと開発し続けなければ予防できない。今後、新型コロナウイルスのワクチンが社会実装されたとしても、毎年バージョンが古くなって、新ワクチン開発が少しでも遅れれば、再び我々はコロナな日々を送らなければならないだろう。

そもそも、天然痘のような「1回かかれば二度目はない(ワクチンも一生に一度の)感染症」とインフルエンザみたいな「毎年のようにかかってしまう(毎年ワクチンが必要な)感染症」があるのはなぜなのだろう。

 

どうやら、この違いには「免疫記憶」というものが関係しているらしい。記憶とは言っても、脳が憶えているのではなく、身体が免疫を記憶しているという話だ。インフルエンザや新型コロナウイルスの免疫記憶を一生レベルまで延ばせれば、ワクチンも一回で済むんじゃないか……。

などと思って、免疫記憶のことを調べていたら、まさにその話を聞かせてくれそうな研究者を発見した。大阪大学免疫学フロンティア研究センター(WPI-IFReC)の黒崎知博副拠点長(特任教授)と新中須亮特任助教。

【写真】IFREC建物大阪大学免疫学フロンティア研究センター(WPI-IFReC)

さっそく我々、WPI潜入チームは大阪大学吹田キャンパスへと向かった。前回のZoom取材と違って、今回は晴れてリアル取材である。