野菜も美味しく食べられる優しいスープ

まず見原さんが教えてくれたのは、『アスメシ』1巻に登場する「アサリと野菜のリラックススープ」だ。

(c)見原由真/小川錦/講談社『アスメシ』1巻より

「これは作中で、ストレスで寝不足のまひろのために太一が振舞ったごはんです。アサリの旨味と牛乳ベースの優しい味付けによってお子さんが野菜を美味しく食べられるレシピで、疲れてリラックスしたい時にもおすすめ。親子でほっと温まる一品です」(見原さん)

アサリと野菜のリラックススープ

写真提供/見原由真
【レシピ】(2~3人前)
1    オリーブオイルとみじん切りしたニンニク(一片)を香りがでるまで火にかけたら、1センチ角に切ったじゃがいも(2個分)を炒める。
2    食べやすいサイズに切ったキャベツ(1/4)と砂抜きしたアサリ(100g)を入れる。
3    アサリの口が開いたら牛乳(400cc)と水(200cc)を入れ沸騰直前に弱火にして3分煮て、塩コショウで味を調える。

見原さんは言う。
牛乳に含まれるトリプトファンは精神を落ち着かせ、じゃがいもはストレスで消費するビタミンCを補うことができます。またキャベツのビタミンU(キャベジン)は緊張などで乱れがちな胃の調子を整えてくれる効果が。アサリは鉄分が豊富なだけでなく末梢神経の働きを整えるビタミンB12も含まれているので神経の発達する時期の子供にとってもうれしい食材です。
他の野菜とも相性が良いのでぜひ我が家流にアレンジしてみてください」