photo by gettyimages

5Gだけじゃない!iPhone 12に託されたアップルの新戦略

4機種同時投入に込められた深い意味

注目すべきは5G…、ではない!

「今日iPhoneの新時代が始まります」

【写真】新iPhone「12」を、新時代の始まりと宣言する、アップルのティム・クックCEO5Gに対応した最新iPhone「12」を、新時代の始まりと宣言する、アップルのティム・クックCEO

アップルのティム・クックCEOは、10月13日(米国西海岸時間、日本時間14日午前2時)からオンライン開催した新製品発表会で、そう宣言した。iPhoneがようやく、5Gに対応したのだ。

今回発表された「iPhone 12」シリーズは計4モデル。そのすべてが「5G」に対応している。iPhoneが5Gに対応したことには、どのような意味があるのか。

期待は膨らむが、じつは、「iPhone 12」シリーズの魅力は、5Gに対応したことだけにとどまらない。冷静に分析すると、むしろ他の部分こそがポイントであるのが見えてくる。

 

格段に増えたバリエーション

すでに述べたように、iPhone 12シリーズ最大のウリは「5G対応」である。しかし、消費者目線でいえば、おのずと別の部分が目立ってくる。まずは、デザインが久しぶりに大幅刷新された、という点だ。

【写真】懐かしさも感じさせる角が四角いデザイン角が四角い、iPhoneとしては懐かしさも感じさせるデザインへと回帰した

本体の四隅が丸い形状から、四角い印象のボディへ。2010年発売の「iPhone 4」から2016年発売の「iPhone SE」まで使われていた筐体や、最新の「iPad Pro」「iPad Air」のデザインテイストに近いものへと変更された。

同時に、昨年までの「スタンダード1機種+Proモデル2機種」というシリーズ構成から、「サイズ違いのスタンダード機種2つに、サイズ・機能違いのProモデル2つ」という、4モデル構成へと変化している。

カラーも増えたので、格段にバリエーション豊富になった印象を覚える。

【写真】今年のiPhoneの全ラインナップ。12は「メインストリーム」2機種と、「Pro」2機種に今年のiPhoneの全ラインナップ。12は「メインストリーム」2機種と、「Pro」2機種に

大ヒットを予感させる「mini」

なかでも、日本で人気が出ること間違いなしなのは「iPhone 12 mini」だ。