【漫画】衝撃…!東京都内で目撃される野良動物たちの「知られざる生態」

東京ノラ(1)

東京の路地裏を舞台に、そこで生きる野良猫やカラス、ハクビシンやアライグマの日々を追った、「東京ノラ」という漫画が誕生しました!

――路地裏を舞台にって……それって漫画のことでしょって……?

いえ、そうではないのです!

彼らは本当に大都会・東京にいるんです……!

ノラたちは東京にいる?

ここで「東京ノラ」クイズ!!

【第1問】
「東京ノラ」に登場する、ノラ(野良猫の名前)、カラス、ハクビシン、アライグマ。彼らは実際に東京にいる?

【答え】
いる

東京では、野良猫やカラスはもちろん、市街地でもハクビシンやアライグマなどの野生動物を見かけることが近年増えてきています。雑食な彼らは、庭や家庭菜園などの果実、ペットの餌や残飯、ひとが出す生ごみなどを食べて生きているんだ。

 

日常だけでなく現代社会の問題点も描く!

第1回は記念すべき連載第1話目をお届けします。

今回のテーマは、

(1)野良動物たちは「燃えるゴミの日」は大忙し!

(2)そして「人間と野良動物の共存とは」です。

そしてこの作品、とにかく毎話本当に神がかって面白くて、あまりにも可愛くて、そして深いです。

令和の現代社会の問題点を、さらりと深く描きます。

連載時から圧倒的に超話題作!

子供も大人も楽しめる!

登場するキャラクターたちの健気でひたむきな生き様に、惹き込まれること間違いなし……!

10月23日(金)発売
心震える路地裏物語!!
「東京ノラ」1巻(アリムラモハ著)
B6判 定価:本体650円(税別)