池袋暴走事故「上級国民」だけでなく「家族も死刑」と袋叩きにする人々のヤバい心理

羨望と復讐の念で揺れる人が多い?
片田 珠美 プロフィール

「ルサンチマン」と怒り

激しいバッシングにさらされる加害者家族が、恵まれた境遇にいるとは限らない。

羨望よりもむしろ軽蔑のまなざしを向けられる家族もいる。そういう場合も、加害者本人が厳罰を免れるのなら、その代わりに家族が制裁を受けるべきという正義を振りかざして攻撃する人々が少なくない。

〔PHOTO〕iStock
 

このような正義の起源が「ルサンチマン」にあることを見抜いたのは、ドイツの哲学者、ニーチェである。

「ルサンチマン」とは、「恨み」という意味のフランス語であり、一見正義を振りかざしているように見えるが、実は「復讐を正義という美名で聖なるものにしようとしている」人間を、ニーチェは「ルサンチマンの人間」と呼んだ。

加害者家族を執拗に攻撃する人々は、「ルサンチマンの人間」であるように私の目には映る。それでは、何に復讐しようとしているのか?うまくいかない自分の人生に対してである。

関連記事

おすすめの記事