photo by gettyimages
# 雑学

日本でいちばん長い「バス停」の名前、何文字だと思いますか?

「高周波」「熊の墓」…珍名が多すぎ!

「高周波前」の由来は?

1ヵ月前の話になってしまったが、9月20日は「バスの日」。1903年のこの日、京都市で二井商会という会社が、蒸気自動車を改良した乗合自動車を走らせたことに由来している。

この自動車は幌なしの6人乗りで、お世辞にも現在のバスと呼べる代物ではなかったようだが、明治のこの時期にはまだまだ馬車が走っていたことを考えると、革命的な存在だったに違いない。

現在、全国には20万以上あるといわれているバスの停留所だが、空港や駅と違い、日本の国土を網目状に覆っている交通手段なだけあって、一瞬由来がわからないような、ユニークな名前がつけられているケースも多い。

photo by gettyimages
 

たとえば、神奈川県横浜市・中山にある「高周波前」。近くから(そもそも高周波とは?)を発しているような施設は見当たらないが、横浜市の担当者に問い合わせてみると、以下のような回答が返ってきた。

「近隣に『日本高周波』さんという企業があることから、『高周波前』と名付けたと聞いております。基本的には地名や公民館など、公共の事物からバス停の名前を決めることが多いのですが、日本高周波さんは地元の方からは有名な企業で、目印になるということで名前をつけたのだと思います」

一般的に、新しいバス停を設立するときには、「このような名前で問題ないか」という伺い立てを近隣住民にすることが多いという。そのようなすり合わせがあるのに、「どうしてこうなった」という珍バス停が生まれるのはなぜなのかーー。かえって面白く感じられる。