ここにきてハマる人続出!『仮面ライダーオーズ』10年間の魅力を語りつくす

テーマも物語も楽曲も素晴らしい

仮面ライダーの放送が1000回に到達した記念碑的な作品であり、非常時に日本中を勇気づけた作品と評価の高い『仮面ライダーオーズ/OOO』。2020年9月5日で放送10周年を迎えました。

放送終了10年を経て、新たなファンさえも獲得する『オーズ』の魅力とは何なのでしょう? 仮面ライダーの魅力がすべて詰まった、大人のためのオンリーワンマガジン『仮面ライダーマガジン 2020 Autumn』(10月28日刊)の担当編集者が、余すところなく解説します。

仮面ライダー史上屈指の盛り上がりを見せた作品!

『仮面ライダーマガジン 2020 Autumn』より

テレビを見て、「仮面ライダーになりたい。そのための変身ベルトを手に入れたい」と思ったことがある方はきっと多いはず。また、お子さんにおねだりされたことがある方も……。

記者もその中の一人で、当時3歳だった長男に『仮面ライダーオーズ』のベルト・DXオーズドライバーを切望されました。しかし、この『仮面ライダーオーズ』のベルトは、本当にどこのおもちゃ屋さんでも手に入らず、泣く泣く諦めた記憶があります。

 

おそらく、「最も変身ベルトが手に入れずらかった」仮面ライダーだと思われます。

その理由は、やっぱり話が面白くて、盛り上がったから。仮面ライダーがかっこよかったから。そして、時代にマッチしたからだと思います。

放送から10年後の現在に見ても、まったく古びないその魅力をお伝えします。そして、コロナ禍の現代にもつながる、「大変な時代」を生き抜くヒントもお伝えできたら。

まず、まったく見たことがない方にも伝わるように、簡単なあらすじを……。