一応言っておくと、筆者は小説作品が映像化される際、相応の、時に大胆な脚色が施されるのは当たり前だと考えている。文学作品としてすぐれた構成と、映像作品としてすぐれた構成は、まったく異なるものだからだ。

しかし……たとえば『忠臣蔵』を映像化する時に、吉良上野介が赤穂浪士たちを返り討ちにしてしまったら、それは『忠臣蔵』とは言えない。「老人が無法者のテロ集団を撃退した話」としては成立するし、ある種の醍醐味は望めるだろうが、それはもう別の話である。『82年生まれ、キム・ジヨン』の映画版は、まさにそれだった。キービジュアルに抱いた嫌な予感が当たったのだ。

-AD-

「男性糾弾」が大幅トーンダウン

原作から映画版の最も大きな変更は、「女性を下に見る、女性嫌悪する男性たち」に対する告発・糾弾の大幅なトーンダウンである。原作では、ジヨンをはじめとした女性たちの弱く不平等な立場に理解を示したり、身をもって擁護したりする男性が、肉親を含めてひとりもいなかった。ジヨンの夫であるデヒョンですら、だ。

ところが映画版では、デヒョンが「ジヨンの理解に努める、良き夫」に“キャラ変”されている。家事を手伝ったり、ジヨンの精神的不調(ジヨンの母・ミスクの人格が憑依して、ジヨン【=自分】をケアする言葉を口にする)を心配して検査や通院の手配をしたり、女性蔑視丸出しの同僚に不快感を示したり、昇進の道が途絶えることを承知で育休取得を申し出たり……。しかし、原作のデヒョンは一貫して傍観者であり、映画版のような行動は一切描かれていないのだ。

韓国では、ただ男に生まれたというだけで親族一同から重宝され、女きょうだいよりも良い教育機会を与えられ、楽に就職でき、同等の能力のある女性より昇進が早い。男たちが享受する社会的優遇は、不当に低く扱われる女性たちの(屍の)上に成り立っているのだ。映画版では、そのことに長らく無自覚だったジヨンの父や弟が“改心”“反省”してジヨンに優しくなるが、そのようなくだりも原作にはない。原作には最後の最後まで、「男たちがあまりにも無自覚」であることへの絶望が淡々と書かれている。