Photo by iStock(写真はイメージです)

日本の凶悪バラバラ殺人犯が南アフリカで「17年も野放し」だったワケ

警察組織の腐敗の実態

コロナを恐れて突然出頭

「指名手配されている紙谷惣です」――。2003年に殺人を犯し、南アフリカに逃亡後、現地で事業を行い、潜伏を続けた犯罪者。それが17年後の今年8月下旬、同国で感染が拡大する新型コロナウイルスに怯えて自ら南アフリカの日本大使館に出頭し、警察関係者を驚かせた。この出来事は、いまなお捜査関係者の間で話題となっている。

殺人事件が発生したのは2003年9月。元飲食店員が千葉県市川市のレストラン駐車場で暴行を受け、その後、埼玉県戸田市のマンションに監禁された挙句殺害され、遺体はバラバラにされて遺棄された。その年の10月、東京都奥多摩町の町道で、切断された腕が見つかり捜査が開始された。

 

背景には、飲食店を訪れる客のクレジットカード情報を抜き取り、カードを偽造する詐欺計画をめぐってのトラブルがあったという。殺害された元飲食店員が、詐欺に加担することを断ったのだ。

2004年1月、警視庁は逮捕監禁容疑で男女8人を逮捕し、のちに殺人、死体遺棄などの容疑で再逮捕したが、主犯格と目された松井知行容疑者と今回、殺人の実行犯として出頭した紙谷惣容疑者は事件直後に国外に逃亡。米ハワイ経由で南アフリカに入国していた。警視庁は国際刑事警察機構(ICPO)を通じて国際指名手配したものの、身柄を押さえることはできなかった。