ファンを魅了するキム・ハヌル photo/gettyimages

キム・ハヌル、ぺ・ソンウ…韓国美女ゴルファーたちが見せた凄い「実力」と「美貌」

キム・ハヌル、ぺ・ソンウが魅せた…!

10月9日、静岡県の東名カントリークラブでスタンレーレディスゴルフトーナメント初日が開催されて、久しぶりの日本ツアー参戦となった韓国美女ゴルファーらが豪華共演した。

笑顔を見せるキム・ハヌル photo/gettyimages
 

約1年ぶりの参戦となったのはキム・ハヌル。新型コロナウイルスの影響で来日が遅れていたが、9月下旬に来日。2週間の自主隔離を経てのツアー参戦となった。

「久しぶり。お帰りなさい、と言ってくださってうれしかった。頑張らないといけません」と語っていたキム・ハヌルだが、初日は7オーバーと苦しむ展開に。さっそくみずからのインスタグラムには「きつかったああああ」と本音をポロリと漏らしたが、久しぶりに日本で見る彼女の姿はファンを喜ばせた。

同じく韓国選手で、8位に食い込んだのはぺ・ソンウ。9月から日本ツアーに復帰していたぺ・ソンウも、長く新型コロナの影響で来日できなった選手の一人だ。

コロナ禍では練習に励みながらも、ゲーム『あつまれ どうぶの森』に興じていたという彼女。「風も強し、雨も強くて、とても難しいコンディションでした」と厳しいツアーコンディションであったと語ったが、バーディーを3つとるなど好調をキープした。

好調のぺ・ソンウ photo/gettyimages

「トータルイーブンはいいと思います。あしたは、天気がどうなるかわかりませんが、みんなもがんばっている。私ももっとがんばります」と言う。

首位は1アンダーで、新垣比菜、浅井咲希らのほか、イ・ナリも入り込んだ。

先週優勝争いをしたばかりの原英莉花、小祝さくらなども上位で混戦模様となっており、まだまだ今大会から目が離せそうにない。