ノーベル賞受賞の後こそ、「ゲノム編集」から絶対に目が離せない理由

「遺伝子を治療する」技術の光と闇
青野 由利 プロフィール

2018年11月、中国の賀建奎氏が受精卵のゲノム編集で双子の女の子を誕生させたと公表し、世界を驚愕させた。

2018年の国際会議で双子の誕生を発表する賀建奎氏 Photo by S.C. Leung/SOPA Images/LightRocket/Getty Images

「エイズウイルス(HIV)の感染を防ぐ」が名目だったが、医学的に不要で、倫理的な手続きもいいかげん。当の双子にとっても安全とはいえず、世界中から批判が噴出した。

人間の受精卵で遺伝子を操作していいかどうか──。これは、従来型の遺伝子治療が登場したときから繰り返し議論になってきた課題だ。

その結果、「受精卵を改変して人間を生み出すのは禁止」というのが、世界共通の認識となっていたはずだ。

それが、ゲノム編集の登場で、ゆらいだ。

デザイナーベビーを生み出してしまうのか

その理由は、次のような言葉に象徴されている気がする。

「できないときに、やってはいけないというのは簡単だった」

早い話が、以前の遺伝子技術では、人の受精卵を狙い通りに改変することは事実上、不可能だった。

ゲノム編集の登場によって、その可能性が現実のものとなったとたんに、認めようとする力が生まれたわけだ。

ノーベル賞の発表資料を見ると、ゲノム編集の倫理的課題は少し触れている程度。

でも、当面禁止されているとはいえ、人の受精卵の遺伝子改変によって「遺伝性疾患の根治」をめざそうとする動きと、「一線を越えると、親の思い通りの子ども(デザイナーベビー)を生み出すことにつながる」という懸念のせめぎ合いは続くだろう。

目の離せない技術

なにより「安全性や効果が保障されたとしても、そもそも人間の受精卵を操作していいのか」という根源的な問いもある。

大げさかもしれないが、人類の未来に関わる応用だけに、目が離せない。

もうひとつ、ゲノム編集がもたらす「諸刃の刃」として気になるのが「遺伝子ドライブ」だが、これはまた別の機会に。

ところで、「シャルパンティエさんのような髪型に」といわれてむっとした美容師さんは、「まず、もっと髪を伸ばさないと」と私に命じた。かなり頑張って伸ばしたが、だからといってあの髪型にできたわけではない。

それでも、新書を書き続ける心の支えにはなった。改めて感謝し、受賞をお祝いしたい。