photo by gettyimages

トランプは本当に「劣勢」なのか…「ペンスvsハリス討論会」勝敗の真意

米憲政史上3回目の「決選投票」が迫る

激しい応酬

11月3日の米大統領選まで1カ月を切った10月7日夜(日本時間8日午前)、米副大統領候補によるテレビ討論会が西部ユタ州ソルトレークシティーのユタ大学で開かれた。

共和党のマイク・ペンス副大統領(61歳)と民主党のカマラ・ハリス上院議員(55歳)が90分間、新型コロナウイルス対策、最高裁判事人事、増減税を巡る経済問題、環境問題(グリーン・ニューディール)、米中対立問題、米国の国際指導力、人種問題など9分野について激論を交わした。

photo by gettyimages
 

中傷合戦に終始した9月29日のドナルド・トランプ大統領とジョー・バイデン前副大統領の第1回テレビ討論に比べ、「礼儀にかなったやり取り」(保守系FOXニュース)との評価があるものの、激しい応酬であったことは紛れもない事実だった。

その内容について言及する前に、ひとつだけ指摘しておきたい。それは「朝日」、「毎日」、「読売」、「産経」など新聞各紙を読む限り、その殆どが<討論会直後にCNNテレビが行った世論調査では、ハリス氏が「勝った」という人が59%で、38%のペンス氏を上回った。>と報じたことである。

「読売新聞」は、やはりCNN調査の<「バイデン氏に投票する気になった」との回答は26%、「トランプ氏に投票する気になった」20%で、「投票行動に影響しない」が56%だった。支持率で後れを取るトランプ陣営にとっては苦しい状況が続くことになりそうだ。>と、念を入れている。