東証取引停止は氷山の一角、デジタル依存社会はここまで危険だ

あまりに多い放置されたリスク
大原 浩 プロフィール

現在はデジタルバブルではないのか?

電子コンピュータがガ実用化され始めたのは、1950年代以降のことである。世界初の汎用電子デジタルコンピュータであるユニバック・ワンが米国国勢調査局に納入されたのは1951年のことである。

もっとも、当時のコンピュータはビルのワンフロアもあるような巨大なもので、電卓時代を経て一般の人がパソコンやスマホを普通に使うようになったのは、せいぜいここ数十年のことにしか過ぎない。また、インターネットやウィンドウズの普及は1990年代からである。いわゆるITバブルは2000年ごろに崩壊したが、デジタルバブルはまだ続いていると言える。

例えば、私が子供の頃は「科学信仰」が盛んで、「科学が進歩すれば世の中は天国になるという」素朴かつ能天気な考えが支配的であった。

しかし、それから半世紀たって世の中がどうなったかは、読者がご覧になっている通りである。

 

同じように「デジタル信仰」によるデジタルバブルには危うさが付きまとう。

デジタルは、コピーが容易で電気が無ければ動かないという安全面の致命的な欠陥を抱えている。何でもかんでもデジタル化すればよいというわけでは無いのだ。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/