10月19日 恒星間天体・オウムアムア発見(2017年)

科学 今日はこんな日

地球のみなさん、こんにちは。毎度おなじみ、ブルーバックスのシンボルキャラクターです。今日も "サイエンス365days" のコーナーをお届けします。

"サイエンス365days" は、あの科学者が生まれた、あの現象が発見された、など科学に関する歴史的な出来事を紹介するコーナーです。

2017年の今日、太陽系外から飛来した天体である恒星間天体・オウムアムアが発見されました。

 

ハワイ諸島に属するマウイ島最高峰の火山・ハレアカラ山の頂上では、全天を撮影して彗星などを発見する「パンスターズ計画」が行われています。2017年、ハワイ大学の研究チームは、時速15万kmというものすごい速さで移動する天体を観測しました。

時速15万kmというのは太陽の重力を振り切って太陽系外に飛びだしてしまうほどの速さです。つまりこの天体は太陽系外から飛来し、太陽の重力に捕まることなく飛び去って行く「恒星間天体」だったのです。

この天体には、ハワイ語で「偵察者」といった意味の言葉から「オウムアムア」という変わった響きの名前がつけられました。オウムアムアは全長約200m、幅約40mと葉巻のように細長い形をしていますが、葉巻といえばUFOの形の例えにも使われるもの。重力の影響だけでは考えられない速度変化を見せたことも相まって、一時期、オウムアムアは宇宙人の乗り物ではないかと騒がれました。

その後の研究によって、オウムアムアは岩と氷の塊からできており、地球から観測できないガス噴出によってスピードを維持していると推定されました。「オウムアムアは異星人の宇宙船ではない」という結論が、学術論文として発表されたのです。

他の恒星系で誕生した天体を近くで観測できるとは、地球人のロマンをくすぐる話ですね。

オウムアムアのイメージ図 Photo by Getty Images