その女、見かけだけ……

就職活動中、ある会社の面接で見るからにデキる女性(同じく就活生)・鷹野に出会った鶸田。縁あって一緒にその会社に入社した2人だったが、その1年半後、なんと彼女は“社内ニート”になっていた……!?

仕事がデキそうで全くデキない、超絶!見掛け倒しな人物・鷹野と、仕事ができるのに見た目で損をする鶸田の凸凹コンビを描いた、はんざき朝未さんの新感覚お仕事漫画『無能の鷹』

第1巻発売時には、鷹野のあまりの開き直りっぷりに「ここまで来ると清々しい!」「私にも鷹野のようなメンタルが欲しい」といった声が多数寄せられ、中には「ドラマ化するなら鷹野役には○○さんはどうでしょう?」と提案しだす人も登場するほど話題に!

そんな次回作に期待が集まっていた本作がとうとう、2020年10月13日(火)に単行本第2巻を発売! そこで今回FRaU Webでは、第2巻の1話目の無料試し読みをお届け!

「仕事がデキないように見せてるだけで、実はめちゃくちゃ頭いいのでは?」と漫画を読んでいるこちらも一瞬錯覚するが、どうやらやはり本当にデキないらしい鷹野。

第2巻ではそんな鷹野のむしろ才能の1つといってもいい、見せかけの「デキる人オーラ」が周囲にどのような影響を与えていくのだろうか……。ぜひその目で確認して欲しい。

\『無能の鷹』第2巻の1話目/

『無能の鷹』(2) /講談社

担当編集より一言!

はんざきさんがデビュー前、登場人物のキャラクターを考えていらしたとき、「『能ある鷹は爪を隠す』の逆で『無能だけど爪を出してるかっこいい鷹』みたいなキャラクターはいないなあ」と思っていたそうで、それを読み切り作品のコンペに出してもらった際に、編集部内で「これは本誌連載でもいいのではないか」と盛り上がり、結果的に『Kiss』の連載作品としてスタートすることとなりました。

はんざきさんご自身が、エンタメとしての面白さを大事にしたいと思って描いてくださっていることもあり、老若男女問わず、幅広い読者層の方にお手にとってもらえたらと思っています。

その上で、もしかしたら仕事で悩んでいらっしゃる方には、心がすっと軽くなるようなシーンもありますので、そういったシーンも楽しんで頂けると嬉しいです。


▼試し読みの続きが気になる方はこちら

『無能の鷹』(2)
 著者:はんざき朝未

『無能の鷹』(2) /講談社
舞台はとある有名コンサル。溢れ出る「仕事デキる人オーラ」とは裏腹に、社内ニートまっしぐらの鷹野と、仕事はできるのに見た目で損する鶸田。タッグを組み、毎度修羅場をくぐり抜けてきた2人に、さらなる強敵が⁉︎