食のスペシャリスト&グルメに精通する識者で構成される「FRaU Foodies」が、今イチオシの料理やスイーツなどをお届けします。今回は、俳優の速水もこみちさんがレコメンド。お菓子は極端に甘いものを好む速水さんが、「これだけは別!」と思わせる老舗店のもなかです。

速水さんが今までに紹介したグルメ情報▶︎

創業136年、銀座で71年
老舗和菓子店の名物もなか

「海外、特にアジアで売られているお菓子を食べることが多いからか、和の甘さというより、極端に甘いものが好き。だからこそ、たまに食べる上品な甘さに感動するのかな。日本の和菓子は美味しいなって」

速水さんに和菓子の美味しさを再確認させたのは、銀座にある「空也(くうや)」の「空也もなか」。家族がお土産で買ってきたのがはじめての出合いでした

「食べた瞬間に『美味しいね、どこのお店?』と聞いたら、空也さんでした。それ以来、タイミングが合えば買ってもらって食べてます」

空也は、明治17(1884)年上野池之端で創業。戦災で店舗が焼失し、昭和24(1949)年に銀座6丁目並木通りに移転。以降、変わらずこの地に店を構えている。

銀座の一等地に長く店を構えてらっしゃる信頼と自信を感じます」。

看板商品「空也もなか」は、皮に宮城県や新潟県産のもち米を100%使用。それを少し焦がすのが特長です。

速水さんは「皮が好きで、香ばしさとひっつくような感覚、食感がいいですね」と絶賛。

餡は、北海道十勝産の小豆を使用。ザラメと炊き上げ、渋みをよく切ってすっきりとした味わいに仕上げています。これぞまさに冒頭で速水さんがおっしゃった“上品な甘さ”を生む秘訣。

小豆とザラメに加え、餡に使われている素材は、水飴と隠し味の塩のみ。保存料、添加物は不使用です