知的障害者はセックスしてはいけないのか?

タブー視される「知的障害者と性」
門下 祐子 プロフィール

知的障害者への「包括的セクシュアリティ教育」

前述した「性の権利宣言」では、「包括的セクシュアリティ教育を受ける権利」についても明文化されている。包括的セクシュアリティ教育とは、セクシュアリティの認知的、感情的、身体的、社会的諸側面についての、カリキュラムをベースとした教育と学習のプロセスである。

子どもや若者たちの健康とウェルビーイング(幸福)、尊厳を実現し、尊重された社会的、性的関係を育て、彼らの選択が自分自身と他者のウェルビーイングにどのように影響するのかを考え、彼らの生涯を通じて、彼らの権利を守ることを理解し励ますものである(UNESCO(編)浅井春夫・艮香織・田代美江子・福田和子・渡辺大輔(訳),2020)。

このように、包括的セクシュアリティ教育は、単に正しいとされる知識を教えるだけのものではない。ましてや、教員や支援者、家族がもつ性規範を一方的に押し付けるものでもない。あくまで、ひとりひとりが自分らしく生きること、そして他者への理解を深めることを保証する役割を担っている。つまり人権教育の一部であると言える。

知的障害者を「性の権利」の主体者として認識し、権利を行使するためにも包括的セクシュアリティ教育が必要だ。

とはいえ、障害の有無に関わらず、セクシュアリティに関する話はただでさえ口にしづらい。たとえ親しい間柄においても、「マスターベーション(セルフプレジャー)」や「セックス」についての相談や打ち明け話はハードルが高いと言えるだろう。

だからこそ、セクシュアリティ教育を基盤とすることで、広く人権に関わる様々な悩みや不安を相談しやすい雰囲気が構築できる可能性があるのではないか。

無論、セクシュアリティ教育が人権教育の一環であり、二次性徴や生命の誕生のみを扱う狭義の性教育ではなく、多様性を重視した包括的な教育であるという考え方は、いまだ一部を除き各現場に定着していない。

学校教育の枠組みで包括的セクシュアリティ教育の実施は極めて重要であるものの、それ自体が最終的なゴールではない。当然だが、学校卒業後の人生の方が圧倒的に長いのである。

セクシュアリティは人間の生涯に関わるものであり、学びたいことや知りたいことは変化していくだろう。誰もが生涯にわたって、セクシュアリティについて学ぶことのできる機会や安心して相談できる場が必要であり、「知的障害のある人は例外ではない」のだ。

本稿では、知的障害者による乳児遺棄事件を一つの契機とし、知的障害者における「性の権利」を取り巻く現状について考えた。彼らの置かれている現状は、セクシュアリティに関する教育や情報、相談、情報交換の場が十分に保証されているとは言えない。

学校教育や障害者福祉の現場のみならず、社会全体で知的障害者の「性の権利」尊重に向けた取組みが必要ではないだろうか。

 
【引用文献】
・旭洋一郎(1993)障害者福祉とセクシュアリティ,東洋大学児童相談研究,12,15-31.
・Gil-Llario, MD; Morell-Mengual, V; Ballester-Arnal, R; Diaz-Rodriguez,I (2018) The experience of sexuality in adults with intellectual disability, JOURNAL OF INTELLECTUAL DISABILITY RESEARCH,62(1),72-80.
・Lofgren-Martenson, L (2012) I Want to Do it Right! A Pilot Study of Swedish Sex Education and Young People with Intellectual Disabilities, SEXUALITY AND DISABILITY,30(2),209-225.
・内閣府(2019)障害者白書.
・UNESCO(編)浅井春夫・艮香織・田代美江子・福田和子・渡辺大輔(訳)(2020)国際セクシュアリティ教育ガイダンス 科学的根拠に基づいたアプローチ,明石書店.